MENU

沖縄のお金借りれる?金融会社連絡なしで内緒でキャッシングするなら

 

家族や友人にお金を借りるというのも1つの方法ですが、実は沖縄のお金借りれる所は実は多数存在しています。

 

それぞれのメリット、デメリットも踏まえて紹介していきます。

 

まず1番最初に考えられるのが、沖縄県内の人にはかなり身近な存在ともいえる地方銀行でしょう。県内には3行存在しますが、どの銀行もそれぞれ特色のあるローン商品を展開しています。

 

利息のキャッシュバックキャンペーンや申し込みをすれば何らかのプレゼントが当たる特典つきの商品も出ている時期もあるので、急ぎでなくて沖縄のお金借りれる所を探している方にはおすすめです。

 

最近ではネット銀行も場所を問わずに沖縄のお金を借りれる場所の1つなのでそちらを検討しても良いでしょう。

 

続いて考えられる場所が、信用金庫。沖縄のお金借りれる所としては前述の銀行よりもメジャーではないかもしれませんが、こちらは小規模に経営を行っている分、お金を必要としている人に対して親身になって相談にのってくれるというメリットがあります。

 

同じく農業協同組合や労働金庫も、窓口の数は地方銀行に劣りますが、そういった面から借りる場所として選ぶ人が多いです。

 

しかしこれらは金利が比較的抑えられている分、審査が厳しいというデメリットも存在します。パートやアルバイトの人では受付しない、勤続年数が短いので大きな金額は貸さないとしている会社も多いのです。

 

審査が心配という方に考えて欲しい沖縄のお金借りれる場所が、消費者金融です。消費者金融は先ほど上げてきた機関同様、各種特典付きで融資を行っていることも多く、審査も比較すると甘くなります。

 

実際に店舗に行って申し込みをすることも可能ですが、最近では沖縄県内でも無人で申し込みができる無人機が多く設置されています。時間が中々取れない、人目が気になるという方はこういった機械を利用するのも1つの手です。

 

その場で審査結果が分かる会社も多いので、急ぎでお金が必要だという方も安心して利用することが可能です。ただ、審査が厳しくない分金利が高くなる傾向があります。また銀行などの機関と違って、消費者金融からの借入は総量規制の対象になってしまいます。

 

そのため年収の3分の1以上の借入はできないこととなっているので、現在借りたい分のお金以外に別の借入がある方は注意する必要があります。もしくは、担当の方に相談して借入をまとめてしまうという方法も1つの方法と言えるでしょう・。

 

最後にあげられるのが、小規模な消費者金融でいわゆる街金といわれている場所です。先にあげた機関よりも細々と営業している会社が多いので普段の生活ではなかなか思いつかない場所です。実際に広告などもあまり出しておらず、新聞などの広告欄に小さく住所や固定の電話番号を載せた広告を載せているだけという会社も多いです。

 

銀行や消費者金融よりもより審査が緩く設定されているので、どなたでもお金を借りやすくなるというメリットがありますが最大のデメリットはその金利の高さです。中には法律で定められている最大金利ギリギリの金利設定をしている会社もあり、あまりに大きな金額を時間をかけて返していくという契約を結んでしまうと、支払う利息だけでも莫大な金額になってしまう場合もあります。

 

ただこういった街金は小規模な分、返済の方法などの相談にも細々とのってくれることが多いです。先にあげた2機関での借入は難しいといった方は1度検討しても良いです。

 

以上沖縄のお金借りれる所で代表的なものをいくつかあげてきましたが、どこで借りようともそこにはメリットもデメリットも存在します。借りる金額や期間、返済方法などを改めて計画的に考えて、今のお金のピンチを乗り越えられることを祈っています。